効率的に事業拡大できることがM&Aのメリット

中小企業の事業継承なら

ビル

中小企業のm&aでしたら、独立系の仲介会社がおすすめです。経験も実績も多く、買収を希望する企業の情報も豊富に持っています。今すぐm&aを考えていない経営者の方でも企業の価値を診断してもらい将来に備えておくと安心です。

今の状況から脱皮しよう

男女

企業買収をすることで売上を大きく伸ばせたり、利益率を改善できるだけでなく、新たな商品やサービスを生み出すことも可能です。小さな企業でも素晴らしい技術を持っているところは沢山あるので、情報収集は欠かさず行いましょう。

事業拡大の近道とは

握手

手早く業績を伸ばす方法

経営者であれば誰しも会社の業績を拡大したいと思うものですが、その方法の一つとしてM&Aがあります。M&Aとは、Merger and Acquisitionの略で、合併や買収などによって他の会社を取り込むことをいいます。この方法には、注意すべき点もありますが、メリットも多々あるため、うまく利用すれば自社のビジネスを一気に大きくすることが可能となります。そこで、どういったメリットがM&Aにはあるのかについて見ていきたいと思います。まずはじめに、何といっても手早く事業を拡大できるという点が挙げられます。M&Aは時間を買うとも言われるように、一から育成すると多大な時間と費用がかかる事業を短期間で手に入れることができる手段であることがその理由です。2つ目のメリットとしては、自社の事業と大きなシナジー関係のある会社を手に入れることができれば、うまくすると2社の業績を単純に合計した以上の成果が得られるかもしれないという点です。例えば、製造業の川上と川下に位置する2つの会社が合併すれば、中間マージンを省略することができるため、大きなコスト削減効果を得ることができるといったことです。さらに、M&Aを行ったうえで、重複するコストを削減すればその分だけ利益が大きくなるというのもメリットと言えるでしょう。バックオフィスなどは両社共通のリソースを用いることが可能ですので、うまくリストラを行えば業績を一気に向上させることができます。M&Aのメリットを理解して効果的に用いることが優れた経営者の条件と言えるでしょう。

シナジー効果が発生する

オフィス

企業買収では企業の統合により大きなシナジー効果が発生します。企業同士が合併した場合には、効率的な企業活動が推進されることになります。人件費や仕入コストの削減、新商品の開発、財務基盤の強化などに効果があります。