効率的に事業拡大できることがM&Aのメリット

シナジー効果が発生する

オフィス

経営の効率化につながる

企業買収は、ある企業が他の企業の株式を購入することによって、会社同士が合併したり、自己の子会社とすることです。企業買収は、2つ以上の企業が合同することによって大きなシナジー効果が発揮される場合があります。2つ以上の企業が合併することによって、会社の人材や財務基盤、流通ルート、販売ルート、取引先などが結合されより効率的な企業活動が推進されることになります。会社同士が合併した場合には、総務部門などの間接部門が統合され、人件費を削減することができます。同業種の企業の企業買収では、流通ルートや販売ルートなどが拡大することになり、市場の占有度が向上することになります。また、仕入商品などは以前より多量の購入が必要となりますので、仕入れ単価の引き下げなどのコストダウンにつながります。商品や製品を開発する部門を有する会社を企業買収した場合には、お互いの開発部門が合同することによって、より品質のよい商品や製品を開発することが可能となります。企業買収は、財務基盤の強化にも効果を発揮します。100パーセントの株式を取得して子会社とした場合には、グループ全体で連結決算により法人税を申告することができます。赤字の子会社を連結決算の対象とすることで、グループ全体の法人税を削減することができます。また、資金的な余裕のある企業から他の企業への資金の融通も可能となります。企業買収では、1つの会社と1つの会社が合同することによって、2つ以上の効果が発揮される場合があります。